読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーバイク女子が行く!

アラフォーの私がライダーになるまで、そしてツーリングの記録などを紹介していきます!

実車教習5時間目

5時間目はシミュレーションでの教習から3日後、4月15日のことでした。

今回も初めての先生です。

そして、この日の教習は指導員の先生とのマンツーマン。

前々回の教習と同じく、8の字の練習する場所から始まります。

 

発進してすぐに2速→ゆっくり走行はできるようになっていました。

…がっ!

やっぱりブレーキがうまくかけられません。強く握り過ぎてしまいます。

 

そこで、指導員の先生が

“じゃあ、ちょっと発進と停止の位置を変えましょう。”とおっしゃいました。

 

私の頭の中は???でいっぱい。

それで何が変わるのか…。

 

前々回までは↓

f:id:rideraya:20161015224353j:image

こうだったのを…

f:id:rideraya:20161015224416j:image

このようにしようとおっしゃるのです。

ちなみに反時計回りに走行しました。

とりあえず言われたようにしてみる。

 

………すると………。

 

スムーズに停止ができた!!!

 

私は全然気づいていませんでした。

前々回までの指示された停止位置だと、カーブしながら、つまりバイクが曲がった状態でブレーキをかけ始めなければならなかったのですね。

そして、それに恐怖心があった…と。

 

でも、停止位置をもっと奥にすると、まっすぐ走っている状態でブレーキをかけられる!

恐怖心がないので、ブレーキをじわりと握ることができたのです。

自分でもびっくり!

それを何度か繰り返しました。

今思うと何でこんなことができなかったのか…となるのですがね。

 

そして、とうとう

“じゃあそろそろ外周に出ましょうか!”

と指導員の先生のお言葉。

 

私は5時間目にしてようやくコース内を走ることとなったのです。

 

先生の後について外周を走ります。

トロトロ走っていると、無線で

“じゃあ3速までギアチェンジしてみてくださ〜い。少しスピード上げましょう!”

と指示が飛んできます。

 

1速でスタート→エンジンがウィーンとなったら2速よーし!→エンジンがまたウィーンとなったら3速よーし!…のはずが、3速に上げる前にコーナーですよ。

加速が鈍いわけですね。

ゆっくりやらないと、クラッチを握って、アクセル戻して、ペダルを上げる一連の動きができないのです…。

 

でも無線で加速して3速まで使うよう指示が出されます。

なので、頑張って3速にギアを上げました!

…で、コーナー曲がるとき、いつギアは落とすのか?1速なのか2速なのか?

 

えっ?!えっ!となりながら、ギアを落とせずにガクガクノッキングさせながらコーナーを抜ける私。

 

危ないことこの上ないです。

 

で、指導員の先生が私を後ろに乗せて走り、お手本を見せてくださいました。

 

…先生がお上手過ぎて、いつギアチェンジしたかわからない…。

そして、そこで終了の時刻となってしまいました。

 

“なんでバイクの免許なんて取ろうと思っちゃったかな…。”

これがこのときの私の偽らざる気持ちでした。

 

私は次の教習までの間、とにかくクラッチとブレーキとペダルの操作を必死でイメージトレーニングしたのでした。

 

…続く。